静岡の緑内障治療に力を入れている病院に通っています

将来失明することだけは避けたい

少しずつ進行する緑内障将来失明することだけは避けたい大切な目を守る方法

静岡の郊外に住んでいますが、静岡市内に緑内障治療に力を入れている病院があるということで、紹介状を書いて貰うことになり、すぐに受診して本当に良かったです。
紹介して貰った病院は静岡市内では有名な病院らしく、患者さんが非常に多くて驚きました。
初めての診察の時は、たくさんの検査を行ったのでそれだけで疲れてしまいましたが、医師の説明は丁寧だったので安心しました。
やはりかなり早期発見の部類に入るそうで、今後治療を続けていくことで失明のリスクは非常に低くなるという説明を受けました。
まずは点眼薬で高い眼圧をコントロールし、点眼薬に効き目が無くなってきたら手術をすることを検討するという治療方針を説明され、納得出来ました。
近親者が目が悪い人ばかりであったことや、叔父が同じ病気を患っていたことから眼科が身近な存在であり、病名も知っていたので早期に発見することが出来たと感じています。
そうでなかったならば、他の大勢の人と同じくかなり視野が欠損しなければ気付かず、それだけ受診も遅れていたはずです。
緑内障イコール失明というイメージが非常に強くありますが、現在は点眼薬も手術法もかなり開発されていて必ずしも失明する病気では無いことを知りました。
早期発見が出来ればできるほど失明するリスクは低くなり、必要以上に怖がる必要も無いのだということを実感しています。
紹介して貰った病院で点眼薬を処方して貰い、毎日点眼を欠かさず、毎月1回は受診もしていますが、それまで通りの日常生活を送ることが出来ているのはありがたい限りです。
定期体に眼圧の状態などをチェックして貰い、点眼を行うことで、視野の欠損が進行しているという自覚症状はありません。
ただ眼圧がかなり下がったとまでは言えない状態のため、将来的には手術の必要性があるという説明もされています。
必要以上に怖がる必要はありませんが、やはり楽観視しすぎてもいけない病気です。
将来失明することだけは避けたいので、手術が必要だと判断されれば迷わず受けます。